買い取ってもらうには

借地権を買い取ってもらう場合、どうしても地主との交渉が必要になってきます。しかし、なかなか交渉を行っている時間や手間が取れない、直接交渉でトラブルになるのを避けたいと思っている人は、一度専門家に相談をしてみるのも1つの方法です。

底地の取り扱いはとてもデリケートなものなので、一般の不動産屋では取り扱っていないところも多くあります。しかし、借地権の買取りに強い底地取扱店であれば様々なケースに対応してきた実績のあるところや、土地や法律のプロがバックアップをしてくれるためスムーズに借地権を売却することも可能です。地主との交渉も底地取扱店が代行してくれるため余計な手間や時間を省くことができます。また、賃借人だけでなく、幅広い提案をしてもらえるため地主にとってもメリットがあります。

借地・底地のトラブルには様々な要因が絡んでくるため、自分たちだけで解決することが非常に困難になることがあります。借地権について悩んでいたり、どうしたらよいかわからないと困っていることがあれば、まずは専門家に相談をしてみてはいかがでしょうか。インターネットで検索をすると、無料相談を行っているところもあるので、一度問い合わせてみましょう。

借地権の処分方法

引越しやその土地や建物の管理ができなくなってしまったという理由から借地権を処分しようかと考えている人もいるかと思います。借地権を処分するには様々な方法がありますが、地主との交渉が必要になってくるため時間や手間がかかるケースもあります。借地権の処分方法について紹介します。

借地権は不要になったら無償で地主に返還することが可能です。しかし、無償返還は借地権所有者にとってメリットがありませんし、むしろデメリットのほうが大きくなることがほとんどです。多くの場合、借地権を返還する際には建物を壊し、更地にした上で返還が必要となるからです。建物の解体費用を負担してまでわざわざ無償で返還するのは良い方法とは言えないでしょう。

次に、借地権を地主に買い取ってもらうという方法があります。しかし、これも譲渡価格の交渉が必要になるためなかなか纏まらないというケースが多いようです。

借地権のやり取りは、地主への返還だけでなく第三者へ売却することも可能です。しかし、その際にも勝手に売却することはできず、地主の承諾が必要になります。そのため、地主との協議が上手くまとまらない場合には余計な時間や手間がかかるだけでなく、トラブルに発展してしまうこともあります。

借地権にまつわる問題

借地権付の物件にまつわる問題は、土地を貸している地主と借りている賃借人双方にとって非常にデリケートで、時に解決するために時間や労力が必要になってくるケースもあります。特に借地権の売買について頭を悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

現代では少なくなりましたが、以前は土地を地主から借り、そこに家を建てて暮らすということも珍しくありませんでした。このように、地主が所有権を持っていた土地を第三者に貸し出すことによって収入を得ている土地のことを「底地」と呼びます。この場合、土地そのものは地主の物にあたるため、土地所有権は地主にありますが、実際にその土地に建物を建てて利用しているのは賃借人のため、土地利用権は一時的に地主の手を離れて賃借人に与えられます。地主は「土地所有権」と「地代を徴収する権利」が与えられ、それが「底地権」になります。一方の賃借人は借りた土地を利用することができる権利である「借地権」を与えられることになります。

土地を借りた人の中には、賃借人の死亡によって借地権を相続してしまった場合や、引越しなどによってその土地が不要になった場合などに借地権を地主に買い取ってもらいたいと考えることもあるでしょう。しかし、借地権を地主に買い取ってもらうには直接地主との交渉が必要になり、借地権の譲渡価格によってトラブルに発展するケースもあります。

当サイトでは、借地権の買取り方法にはどのようなものがあるのか紹介しています。借地権のことでお悩みの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。