借地権にまつわる問題

借地権付の物件にまつわる問題は、土地を貸している地主と借りている賃借人双方にとって非常にデリケートで、時に解決するために時間や労力が必要になってくるケースもあります。特に借地権の売買について頭を悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

現代では少なくなりましたが、以前は土地を地主から借り、そこに家を建てて暮らすということも珍しくありませんでした。このように、地主が所有権を持っていた土地を第三者に貸し出すことによって収入を得ている土地のことを「底地」と呼びます。この場合、土地そのものは地主の物にあたるため、土地所有権は地主にありますが、実際にその土地に建物を建てて利用しているのは賃借人のため、土地利用権は一時的に地主の手を離れて賃借人に与えられます。地主は「土地所有権」と「地代を徴収する権利」が与えられ、それが「底地権」になります。一方の賃借人は借りた土地を利用することができる権利である「借地権」を与えられることになります。

土地を借りた人の中には、賃借人の死亡によって借地権を相続してしまった場合や、引越しなどによってその土地が不要になった場合などに借地権を地主に買い取ってもらいたいと考えることもあるでしょう。しかし、借地権を地主に買い取ってもらうには直接地主との交渉が必要になり、借地権の譲渡価格によってトラブルに発展するケースもあります。

当サイトでは、借地権の買取り方法にはどのようなものがあるのか紹介しています。借地権のことでお悩みの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。